4年ぶりにネット通販でダイソン見たら、リファービッシュという安いものを発見!これは何だ?

週末ですね♪

週末なのに楽しいペット写真記事ではなく家電を語る記事をアップする、ちょっとひねくれたほにゃわんパパです。どうも!(昨日のモードを引きずっているかも?)

ご興味のない方向けに先に概要だけ書きますので、そこだけお読みいただければ幸いです。(右にある応援のポチポチをしていただけたらうれしいですが、ご興味のない方にそんなお願いなんかできないです。でも・・・)

概要

ネットでダイソンの安いやつ売ってるけどどうかな?というコメントをいただく。

そのときは、「並行輸入のやつですよね。注意点あるけど大丈夫ですよ。私も並行輸入で買いましたよ。」とお返事。

そのあと約4年ぶりに楽天でダイソンを検索してみると、当時は見当たらなかった「リファービッシュ」とうたっている安いものを発見

リファービッシュがなんなのか調べてみた。

リファービッシュの定義が定まっていないが、中古品であるということだけは間違いないことがわかる。

ほにゃわんパパの結論(個人的な見解です)

・うちのように同じ商品を持っている人は、リファービッシュ品購入はアリ

・はじめて購入する方にはあまりおすすめできない

————–

ここまで概要でした。ご興味のある方はこのままお読みいただければ幸いです(ペコリ)

詳細記事

今回は、ダイソンのコードレスハンディタイプの「DC34」に的を絞ります。(柄の長いダイソン DC35 や アイロボット ルンバ もリファービッシュ品売ってますね)

↓詳細説明の記事を以前に書いてますのでよろしければご覧ください↓

[ダイソン!]家でも使い、犬猫同伴旅行にも持っていく、おすすめのコードレス掃除機(車中泊に限らず)

この商品は、買い手から見たら種類がいくつかあるので、その種類を書きます。

種類

1.商品名称での種類

・DC34

・DC34 モーターヘッド

ということで、後ろにモーターヘッドとついている商品と、ついていない商品の2種類があります。モーターヘッドとついている商品は、「ミニモーターヘッド」という付属品がついています。これがついているかついていないかの違いです。

↓これがミニモーターヘッド (今まで一番上手くとれた写真のような気が・・・ どうでもいいのに・・・)

20140808 222954_2

これを使って猫砂を取ろうとすると、猫砂が潰れて床を拭き掃除するはめになるので、うちでは全く使ってません。

2.仕入れルートでの種類

・日本正規品(正規代理店ルートで真正品を輸入)

・並行輸入品(正規代理店ルートとは別のルートで真正品を輸入)

※この他に直輸入という言葉もありますが、「外国貨物を商社などを経ないで直接輸入すること」という意味なので、並行輸入の中に入るようです。

以下を参照して書いてます。

日本流通自主管理協会(AACD)

※並行輸入品を買うとき、お店がこのAACDに加盟していると、安心感が増すと思います。

3.中古品か新品か

・新品

・中古品(リファービッシュ品含む)

以上が買い手から見た種類です。

リファービッシュとは

続きましては、本記事のメインの「リファービッシュ」についてです。

まずは言葉の意味から。 ウィキペディアの抜粋です。

リファビッシュ
リファビッシュとは、初期不良品や中古機器など(返品、リース返却品、長期在庫品を含む場合もある。)を整備し、新品に準じる状態に仕上げること。または、そのような状態に仕上げられたもの。
表記ゆれが激しく、「リハビッシュ」「リファブリッシュ」「リファービッシュ」、過去形にした「リファビッシュド」「リハビッシュド」「リファブリッシュド」「リファービッシュド」とも表記される。
また、概念の定義も極めて曖昧であり、単なる修理・再整備の域を超えて,ほぼ原型を残さない大規模改修(リフォーム)までをも含む概念として使用されることもある。
正規メーカーおよびその契約会社がリファビッシュしているとは限らず、不良品を買い取った中古販売業者が修理した場合にもリファビッシュと呼称される事がある。その場合、再生品の品質が保証されるとは限らないため注意が必要である。

ということで、この言葉だけでは中古品であるということ以外はわかりません。

DC34のリファービッシュ品販売ページを見てみる

※営業妨害にならないよう、どこのお店かは書きませんので、ご了承ください。

ざっと数店舗見てみると、以下のような【】内の言葉がありました。(→以降は勝手に解釈を追記してます)

1.【米国正規品】 → 米国の正規代理店ルート

2.【メーカー再生品】 → ダイソン社が再生している

3.【並行輸入品】 → 日本正規代理店以外のルートで輸入

4.【直輸入品】 → 日本正規代理店以外のルートで輸入

5.【アウトレット】 → ご存知のとおりアウトレット用商品があり、もはや言葉の意味がわからん・・・

楽観的にみると、1or2が明記されていれば、ダイソン社で再生したということなので安心ですかね。悲観的にみると、ダイソン社で再生されたものかの確認ができないので、万が一ウソでもわからないと思います。(お店やダイソンに問合せをしていないので、断言はできないです。もしかしたらシリアルNo.等で確認できるかもしれません。)

3,4,5は前述のとおり、正規代理店ルートではないということがわかるだけです。

やっぱり1,2の内容を具体的に説明しているお店は、売り切れているところが多いですね。

結局どれを買えばいいのよ!

正確ではありませんが、現在販売されているものを見る限り、商品の色でほぼ選別ができるので、色を基準にして一覧にしてみました。

ダイソン DC34 ちょっと乱暴な一覧表 ※MH:モーターヘッドの略

付属品 ルート 新/古 保証 総額
MH付 日本正規品 新品 メーカー保証あり 約27,000円
MH無 日本正規品 新品 メーカー保証あり 約25,000円
MH無 輸入品 新品 オリジナル保証あり? 約24,000円
MH無 リファービッシュ 中古 オリジナル保証あり? 約20,000円

結構値段近くて微妙じゃないですか(笑)

結論(個人的見解)

・うちのように同じ商品を持っている人で、モーターヘッドいらなければ、リファービッシュ品購入はアリ

・はじめて購入する方にはあまりおすすめできない

理由は、リファービッシュが中古品だからです。買ったあと、「思ったほど吸引力ないな」「思ったほどバッテリもたないな」などと思ったら最後、「もしかして不良品?」「すごい使い込んだ中古なんじゃ」という疑いが湧き上がり、比較材料がなくてその疑いとずーっと一緒に過ごすことになってしまうからです。

うちのように商品の性能を知っていれば、ハズレ品かどうかはすぐわかるので、ずーっと疑い続けることはありません。マイナスな気持ちをずーっと持ち続けるのは幸せじゃないですよね?結構大事だことだと思いますよ。

ちなみに私は、もし今のが壊れたら、メーカー再生品とうたっているリファービッシュ品を買うと思います(笑)

補足

レビューを見ていると、“リファービッシュ品を新品と思って購入している方が、「中古なんじゃないかと疑ってる」”という内容がありました。

・・・

怖いですね~

この記事が、そういう方を減らすのに少しでも役に立てばなと思って書きました(^^)

なお、このダイソンでも布団カバーにへばりついたペットの毛はとれません。(少なくともIKEAで購入したうちの布団カバーはとれません)

じゃあどうする?ということについて、近いうちに書きたいと思います。

以上で終わりです。ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました!

よろしければ、以下のダイソン関連記事もお楽しみください。

↓うちで使っているDC34、DC35の良さを書いてます。

[ダイソン!]家でも使い、犬猫同伴旅行にも持っていく、おすすめのコードレス掃除機(車中泊に限らず)

↓この記事を書くきっかけとなった記事(コメント回答で、並行輸入品購入時のチェックポイントを書いてます)

我が家で使用しているおすすめ2本つっぱりタイプのキャットタワーご紹介

↓ダイソン別の使い道(笑) 暇つぶしにどうぞ!

【猫動画】 掃除機ダイソンに吸われて喜ぶ猫

ダイソンで吸われて喜ぶ猫_snapshot_2

ではまた。

↓うちが持っているやつ

↓新しいやつ

グッズ記事一覧(←当ブログの商品レビュー記事の一覧です。よろしければご覧ください♪)

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
↑応援のポチッを…

↑できればこっちも…
スポンサーリンク
ほにゃわんレクタングル大336_280
ほにゃわんレクタングル大336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ほにゃわんレクタングル大336_280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*