[ダイソン!]家でも使い、犬猫同伴旅行にも持っていく、おすすめのコードレス掃除機(車中泊に限らず)

今回は、家でも使い旅行にも持っていく、おすすめの掃除機について書きます。

正直に書いたら気持ちの入った文章になってしまいました。あくまで個人の見解なので、話半分で読んでいただければと思います。あと、ちょっと汚いとお感じになられる写真もございますが、どこかのどなたかのお役に立てることを優先し、UPしております。併せてご理解ください。

まず結論。

高いけど、ダイソンのコードレス掃除機2台を買うべきです!

これと (猫砂がたくさんたまってます・・・)
IMG_1690_2.jpg

これ
IMG_1691_2.jpg

うちはコードレスにこだわって、日本メーカーの商品をいくつも買いましたが、ダメでした。何がダメかというと、ずばり「吸引力」です。猫砂を吸わないんですよ。

ちなみに、うちの猫砂はこれ。一般的な猫砂です。

紙(木)でできている猫砂(砂っていうのか?)は軽いので、たいていのコードレス掃除機でOKだと思います。

で、うちの猫砂をギリギリ吸ってくれるのはこれ。

IMG_1684_2.jpg

リョービ 充電式クリーナー BHC-1400 という商品です。電動ドリルなどの工具をつくっているメーカーです。工具メーカーでマキタというところも似たような掃除機を出してます。販路が違うので、家電量販店では置いてないです。ホームセンターに置いてあります。マキタのほうが売れているようで、よく見ます。マキタは紙パック式ではないはずです。
(※補足 マキタもオプションで紙パック式にできるそうです。本記事のコメントで教えていただきました。)

↓水色の部分が紙パックです。
IMG_1685_2.jpg

このタイプは、オフィスビルの清掃業者さんがよく使ってますよね。ダイソンの前に購入し、使ってました。悪くないですよ。予算的にダイソンがどーしてもムリ!という方には、自信を持っておすすめします。

うちでしばらく使って「いまいち」という点は以下です。

・充電がめんどくさい。(充電池部分をとりはずして、専用の充電器で充電。)

・自立しない。(ので、置き場所に困る。→納戸にしまいこみ、結局出番が減る。)

・猫砂を必ず吸い込んでくれるわけではなく、ポロポロ落ちることが結構ある。

とにかく犬猫と暮らすにあたっては、部分だけでもマメに掃除をしないとすぐに大変なことになります(主に毛と猫砂)。うちではリョービの掃除機では、めんどくさくなってしまいました。なので、結局冒頭に書いたダイソン2台にたどり着きました。今となっては、最初からこの2台だけ買っておけば・・・って感じです。旅行のときも、これではなく、ダイソンハンディを持っていくようになりました。

さて、おすすめのダイソンの良い点、悪い点を書きます。

■ハンディタイプ(約3年前に購入)

[良い点]

①充電が簡単。本体に電源アダプタを直接つなげるだけです。
→逆に言うと、本体につながっている線を抜くだけですぐ使えます。
→汚れを見つけたら腰が重くなることなく、すぐ使える!

②コードレス掃除機最強の吸引力!
→猫砂吸ってくれます。

③ピストルのトリガー部分を押している間だけ運転するので、電池切れになるまでそこそこの時間使える。
(握力のない女性がつらいというコメントを見かけますので、心配な方はぜひ家電量販店で実物を確認することをおすすめします。)

④メンテナンス不要。

[悪い点]

なし!

そりゃもっと運転時間伸びて欲しいとか要望はあるけど、現状では吸引力で太刀打ちできる商品がないですからね。あと、私はダイソンのデザインは好みではありません。ナチュラル・ウッディなうちの雰囲気に全くあわない。。。

■長いタイプ(約2年前に購入)

[よい点]

①充電が簡単。壁に固定できます。
ただし、壁に穴をあける必要があります。
うちでは、強力な両面テープでチャレンジしましたが、ダメでした。

②③は同上

④先っぽを付け替えれば、ハンディタイプになる。
(ので、付け替えがめんどくさくなければ、これ1台でOK。)

⑤うちのように広くない家なら、これがメインの掃除機になる!
(うちにはコード付き掃除機はありません。)

[悪い点]

・これは他の多くの掃除機も該当すると思うのですが、長いホースをつけた状態で猫砂を吸おうと掃除機を往復させると、猫砂をつぶして、床が白くなるので、その後水拭きするはめになる。。。なので、猫砂を吸うときは、ハンディタイプにします。

・ヘッドの部分に髪の毛がからまるので、それを取り除くめんどくさい作業が必要。

↓実例。。。ど真ん中の黒い部分は模様ではありません(笑)

IMG_1695_2.jpg

以上、長々と書きましたが、マメに掃除が出来て、家と外で共用出来てといいことずくめなので、これは本気でおすすめです。家と外で共用で長く使えると考えると、掃除機にかけるコストトータルはそんなに高くないと考えることもできます。(うちはここに辿り着くまでに結構お金を使ってしまいましたが。。。)

2台とも一度もトラブルなく、元気に稼働してます。もし1台壊れても、そもそも本体部分が同じものなので、すぐに困ることもありません。これだけ強くおすすめできる商品なのですが、全く愛着がわきません(苦笑)デザインの好みのせいだと思います。

最後に、犬猫(特に猫)と車で旅行する場合に、掃除機を持っていく必要性について書きます。

・車内清掃

・宿泊先の部屋の清掃(車中泊でない場合)

猫トイレは、必ず猫砂が飛び散りますので、掃除機があると便利です。犬猫に限らず人間が「砂糖こぼしちゃった」とかいうときも便利ですよ。うちはなるべく猫砂が飛び散らない猫トイレを使ってまして、いつか猫トイレについても書きたいと思います。

長文におつきあいいただき、ありがとうございました!

追記:↓猫トイレの記事です。
我が家で使用しているおすすめ猫トイレ「散らかりにくいネコトイレ CNT-500」の紹介
↓うちのと同じもののリンクです。
ダイゾンの2つについて、前はなかったのですが、現在は上位クラスの商品もありますね。

<2015/2/24追記>
使ったことはないですが、マキタのリンクも置いておきますね。一番高強力で紙パックタイプのものです。マキタは種類がたくさんあるのでご注意ください。通販生活オリジナルモデルはこれより力は劣りますが値段はだいぶ安いです。

ではまた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あたたかいコメント、ご質問をいただきましたので、追記します。

ダイソンのある意味デメリット部分です。

ダイソンは紙パックではないです。ゴミ捨ての方法は、下の写真の赤い部分のレバーを下に押すと、蓋の部分が重力に任せてまったく遠慮することなく「パカッ」っと開き、ゴミも重力に任せて落ちます。なので、ゴミ箱に最大限近づけた状態で、レバーを押します。

当然、粉じんが舞います(そんなにすごく舞うわけではないですが、確実に少しは舞います)。なので、粉じんが苦手な方にはおすすめできません。うちでは妻が苦手なので、この「パカッ」作業は、私の担当です。私は大丈夫なので。

また、写真のとおり、犬猫の毛は絡まったままで落ちてくれません。なので、私は手でちょっとつまんで取ります(直接触りたくない場合は、何か棒のようなものを使えばよいと思います)。

hapeace_Nov 28 201401

以上追記でした。

グッズ記事一覧(←当ブログの商品レビュー記事の一覧です。よろしければご覧ください♪)

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
↑応援のポチッを…

↑できればこっちも…
スポンサーリンク
ほにゃわんレクタングル大336_280
ほにゃわんレクタングル大336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ほにゃわんレクタングル大336_280

コメント

  1. SUNの同居人 より:

    はじめまして。
    マキタのコードレス私は愛用(3、4年くらい)してます。
    ゴミパックはリョウビと同じようなものも取り付け可なんですよ~。
    ダイソンってゴミパックないじゃないですか?ハウスダスト状の粉みたいなゴミ捨てるときどうなのかな??痒くならないですか?
    後、私も車中泊するんだけど、キャンプ用のアルミシート(8ミリ)を窓サイズにカットしてはめ込んで使ってます。安上がりだし冬の結露対策にもバッチリですよ。場所はそれなりにとりますけどね・・・

  2. hapeacepapa より:

    SUNの同居人さま
    あたたかい初コメントをいただき、ありがとうございます!
    マキタもゴミパック取り付けられるんですね。知りませんでした。
    ダイソンのゴミ捨てについては、確かに粉じんが少し舞います。
    そこ重要なポイントですよね。なので、記事に写真付きで追記しました。
    アルミシートも実は一度チャレンジし、遮光は全く問題なかったのですが、めんどくさくて1回限りでした。
    アルミシートのほうが絶対経済的でいいと思います。1回使い捨てで何十泊しようが私が購入したものにコストが追いつくわけないですもん。性能自体にたいした差もないですし。。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*